自死遺族の会「アルファの会@東京」(by Hug Hawaii)

Hug Hawaiiが主宰する自死遺族の会「アルファの会@東京」のご案内や活動等のご紹介をしています。

お喋りの効用(&2月のアルファの会@東京のご案内)

皆さま、ごきげんよう

自死遺族の会「アルファの会@東京」(by Hug Hawaii)メンバーの千草です。

大変遅くなりましたが、本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

さて、自死遺族の会「アルファの会@東京」ですが、昨年に引き続き毎月1回都内のカフェに集まり、自死遺族同士でお喋りをしています。

 

昨年12月は、自死遺族の会「アルファの会」の母体であるHUG Hawaii代表のフロイド由起さんがランチ会に出席してくださいました。

そして、新しいご参加者をお迎えしました。

 

HUG Hawaiiについては、↓コチラをご参照くださいませ。

www.hughawaii.com

 

1月も定例の会として都内のカフェで開催され、ご参加者とお喋りをして参りました。

f:id:thousandgrass:20171208165510j:plain

 

自死遺族の会「アルファの会@東京」は、たとえば会議室のようなスペースで、順番に経験や思いを語っていただくというような形式はとっていません。

カフェに集まって、自由にお話をするといういわゆるカフェ形式をとっています。

つまり、ご参加者それぞれがお話したいことを自由に話すという、当事者同士でのお喋りをする機会と場を作っています。

自死遺族としての体験や思いを話しても話さなくてもいいですし、泣いても笑っても楽しんでも良い場になっています。 

 

つまり、自死遺族同士であることを前提とした上で、何も気にせずに自由にお喋りができることが自死遺族の会「アルファの会@東京」の特長だと考えています。

実際に泣いたり笑ったり、お互い本当にいろいろなことをお喋りしていますし、他愛のないお話も沢山しています。

しかしながら、毎回終了後はご参加者にお会いできていろいろなことをお喋りができて本当に良かったなーと感じています。

 

そして、形式はどうであれ、お喋りをすることの効用はあるものと考えています。

 

私が自死遺族となって一番苦しかったことは、死別経験後に苦しい胸の内を明かせる機会と場を見つけられなかったことでした。

私は自死遺族であることを敢えて周囲に隠してはいませんでしたが、やはり辛い胸の内や叫びたいこと、助けてほしいことを吐き出せないということは、とてもとても苦しいものでした。

誰でもいいので、自分の辛さや悲しさ、苦しさを思い切り吐き出したいと思っていました。

 

そこで近所の心療内科やカウンセリングルームを探してみたりはしましたが、当時は電車に乗るのも人に会うのも億劫になっていました。

そして、苦しい思いは日に日に増していきました。もう胸が張り裂けそうでした。

 

もしそんな時に自死遺族同士であることを前提とした上で、何も気にせずにお喋りが出来る場と機会があったら、どんなに気が楽になっただろうかと今は振り返っています。

 

死別経験や自死遺族としての辛い思いを話しても話さなくても、自分の話を聴いてくれる人がいる、しかもその人も同じような思いをされている当事者同士であるというのは、一つの救いになる可能性があるように思います。

そして、ただお喋りをするだけでも、ほんの少し心が軽くなるという効用があることは、これまでの経験上間違いないといえるでしょう。

安心してお喋りができるというのは、思いのほか大切なことだと思います。

 

何より安心してお喋りができる機会と場があることを知っておくことは、重要なことの一つではないでしょうか。

このような会に初めて参加することは怖いことですし、きっと勇気も必要でしょう。

でも、このような機会と場所があるという情報を選択肢として持っておくと、いざという時の救いの一つになるかもしれませんね。

 

「アルファの会」は今のところハワイと東京で開催していますが、お住いのご近所でも同様の会が開かれているかもしれませんので、チェックしてみるとよろしいかもしれません。

 

自死遺族の会「アルファの会@東京」でも、ご一緒にお喋りをする自死遺族の方のご参加をお待ちしております。

 

2月は以下の通り予定しております。

2018年2月度 自死遺族の会 アルファの会@東京 

日時:2月18日(日)14:00-

場所:都内のカフェを予定しています 

※詳細はご参加者にお知らせします

 

費用:飲食代を各自でご負担いただきます

お申込み〆切:2/15(木)

お問い合わせ・お申込み:alpha@hughawaii.com までご連絡ください。

 

必要とされている方と、必要とされるタイミングでお会いしてお喋りができますように。

 

ありがとうございます。